ケアメソッド

ケアメソッド

ケアメソッドご紹介

流気セラピー

流気セラピー 遠隔療法

ケアは下記2つの流気セラピーメソッドを用いて行います。

■流気ヒーリング

■ウエイブパワーヒーリング


流気セラピーは「流気ヒーリング」と「ウエイブパワーヒーリング」の二つのメソッドより構成されています。

最先端科学、量子物理学は物質が素粒子から成り立ち、 素粒子は波動と粒子二つの性質から成り立っていることを実験結果を踏まえ、理論的に解き明かしています。


物質の本質が振動(波動)でもあるということが解明され、 人間の意識が観測者として参加することでその波動に影響を与えているということが分かってきました。


波長の同じもの、同調するもの同士は引きつけ合い一体化します。例えが適切か分かりませんが、氷と水が出会っても混ざり合いませんが、 水と水が出会えば混ざり合うように、波長が同じであれば影響し合います。ラジオの周波数を合わせると番組が聞こえるのも同調した結果です。


水の例えで分かりますように、波動が固体化した状態よりも、 より流動化した自由性の高いものの方が影響度が高いと考えられます。人間も含め自然界のすべてが波動で成り立っているのであれば、 私たちはあらゆるものと関係し影響を与え合っています。


すべてが繋がっているこの関係性は、 今後水平にネットワークした豊かな社会の到来を予感させますが、 ネガティブ(マイナス)波動が混在した現代では、その影響に行く手を阻まれてしまいがちです。


この視点で日常生活をあらためて見つめることで、ひとつの健康の道筋が見えてきます。悪い影響を与える波動を認識し、その作用を軽減すると共に良い気を充実させ、 自然との共生を実感する感性を熟成することで、より健康的な生活が実現して行くのではないでしょうか。


メソッド1.流気ヒーリング

メソッド1.流気ヒーリング 遠隔ヒーリング

流気ヒーリングは、天と地のエネルギーを流入充填することで、自然治癒力、免疫力を活性化し気のめぐりを活発にします。気の流れが復調することで体調を改善しマイナス波動の影響を受けにくい心身へと整えていきます。


気は私たちの意識を働かせることで作用します。意識と気は波動でひとつながりに繋がっていて、想像力は創造の力として大自然の気、天と地の気ともつながっています。私たちはイメージを持ち働かせることで、清涼な大自然の気を感じ充実させていくことができます。


本来大自然は歓びの波動により創造されています。融和、協調、調和、慈しみ、やさしさ、思いやり、そして時に厳しさと言ったエネルギー、一言で表現すれば愛と言えるかも知れません。このエネルギーと素直に一体化することで、喜びに満たされ健全な状態が顕現します。


流気ヒーリングはイメージとかたちの持つパワーを用いて、遠隔により貴方と私たちの場をつなげ、無理なく天と地の気を送りヒーリングします。下記2つのヒーリングメソッドにより気の流入を受けることで、滞っていた体内の気とつながり、循環がはじまり自然治癒力、免疫力、生命力を高め安定させて行きます。


■パワーヒーリング/ケアを行うセラピスト(ヒーラー)が対面で行います。

■シェイプヒーリング/天地の気を集める図形とかたちを用いてエネルギーを送ります。

■パワーシェイプヒーリング/天地の気を集める図形とかたちを通じてセラピストがヒーリングエネルギーを送ります。

 ※遠隔ケアでは、主にシェイプヒーリング及びパワーシェイプヒーリングを実施します。



 〔天の気 火のパワー〕
父性原理
創造性、発展性、開拓性などの能動的原理
情熱性
火=人間の意識・霊性

 〔地の気 水のパワー〕
母性原理
生命を生み育み慈しむ受動的原理
現実性
水=人間の身・体


メソッド2.ウエイブパワーヒーリング

ウエイブパワーヒーリング 遠隔による浄化療法

ウエイブパワーヒーリングは、私たちを取り巻くさまざまな波動の中から、こころと体に悪影響を及ぼすネガティブなマイナス波動を解放し、そのエネルギーを大自然へと昇華します。


ウエイブパワーヒーリングは、以下の八つの波動力を用いて、私たちの心身を取り巻き不調の原因となるネガティブなマイナス波動エネルギーを浄化し、大自然へと昇華します。


これにより、滞っていた気の循環を回復させ、本来の自然治癒力、免疫力、生命力を復活させていきます。


1.ハートウエイブパワー

2.ライトウエイブパワー

3.フィギアウエイブパワー

4.キャラクターウエイブパワー

5.ランゲージウエイブパワー

6.サウンドウエイブパワー

7.ファイヤーウエイブパワー

8.ウオーターウエイブパワー


人間の持つ本来の力と、大自然の持つ清浄かつ力強い波動力をもって、 こころと体を清めます。



Copyright(c) 2014 fe Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com