頭痛ケアプロジェクト 遠隔気功ヒーリングケア

気と意識

気と繋がる-2

2.気と意識

頭痛ケアプロジェクト 遠隔流気セラピー ヒーリングケア

気は大自然宇宙そのもののエネルギーですから、私たちを構成しているのも気と言えます。

私たちはこの気に生命力を与えられ躍動しています。


しかし、個体性を持って成長していく途上で、私たちは自他を認識し外界との葛藤のなか、自己の生存本能や防衛本能を拠りどころとし、自我を育みつつ協調、調和をはかりながら進化してきたと言えるのではないでしょうか。


これは宇宙との対立、環境との闘争を生み、一時的な宇宙からの乖離、分離という状態を生んで来たとも言えます。

この結果私たちの意識と根源の気との乖離、分離も生まれています。

このことが全ての原因とは言えませんが、この状態が意識の閉塞性、全宇宙へ対して相対的に閉じた現象を生み、困難な社会状態を顕現していると想像されます。


しかし、地上(現実社会)における閉塞感が、私たちを固体自我の確立というダウンベクトル(下降方向)から、他者や宇宙との繋がりを回復するネットワーク自我への解放と言う、アップベクトル(上昇方向)へと舵を切らせ、方向転換へと向かわせる力となっているのではないでしょうか。


その両方向のベクトルがぶつかり摩擦を起こすことで、この地上に自然現象を含め様々な現象を起こす原因となっていると言えます。


このように気と意識の相互の繋がりが、現象世界に影響を与え創ってきた側面が想像できます。

ですから気と意識はひとつながりに繋がっているとの視点を持ち、より良い感性をイメージし働かせることで、社会における現象も変化を起こし、理想への一歩を踏み出せる可能性を内包していると言えます。


また、より多くの気や高次の気と繋がる可能性を広げ、自己の可能性をも無限に広げて行ける道筋となるでしょう。


気の種類 気と繋がる-3

Copyright(c) 2014 fe Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com