History of recovery 改善例

スピリチュアルトラブルの具体的なイメージをつかんで戴くために、今までの経験からいくつか改善例をご紹介します。
原因が分からずいきなり体調が崩れた時は、見えないエネルギーについて考えて見ることも必要かと思います。

■目の異常 18歳女性 学生 [想念エネルギーの影響]
友人の家で具合が悪くなったとの連絡があり、遠隔による波動力浄化法のトリートメントを行なう。

その後直接診ると目に強く症状が出ている状態でした。
両目の白目部分に透明なゼリー状の皮膜が現れ、 かつ赤みを帯びかゆみもあり結膜炎を併発しているような症状でした。
体に倦怠感があり起きていられない状態です。

状況を聞くと、友人と共通の知り合いである恋人同士のカップルが遊びに来て、 二人の前で様々なことで言い争いをしてもめていたとのこと。

争い事があると、氣に乱れが生じ陰に転じます。
言い争いをする二人が発する氣も強く荒れた陰のエネルギーとなって、 周りの人や環境に影響を与えます。

この女性の場合、同じ部屋にいて、争い事を嫌悪する気持ちに二人が発する波動と同調を起こし、結果体調を崩したと考えられます。

トリートメント後倦怠感が解消され、目の症状も自宅で洗眼をすることで4日ほどで完治しました。

カップル二人を取り巻くマイナスエネルギーも影響を与えていたようでした。
この影響もトリートメントにより解消しました。

■倦怠感と疲労感 35歳男性
入院している奥様の父親を病院にお見舞いに行って、病室でしばらく会話をしていると突然体が重くなり、 立っていられないほどの倦怠感や疲労感を感じ、 やむなくお見舞いが終わるまで待合室のソファーに座って待っていました。

自宅に帰っても改善しないので、トリートメントを実施。
直後に体がすっと軽くなり数時間で完全に回復しました。
病院はその性質上どうしても陰の氣、マイナスエネルギーが溜まりがちです。

この場合は、病院に永く留まることを嫌う男性の気持ちがネガティブに働き、 その波動に同調した陰の氣の影響を受けてしまいました。
こういった場合、いきなり激しく疲労感が襲ってきて、 体が重くなり立っているのが辛くなりますので、明らかにおかしいと気づきます。

いきなり訳ももなくだるくなったり立っていられなくなる、 または何故か座りたくなる、横になりたくなるなどの状態になった時は注意が必要です。
マイナス波動の影響を受けている可能性があります。
通常は一晩眠ることで解消しますので、単に疲れだったんだと思うことが多いかと思います。

■激しい頭痛 35歳女性 主婦
友人の奥さんで、慢性的に永い間強い頭痛を抱えていました。
持病とあきらめている状態でした。

夫である友人の勧めによりトリートメントを受けられました。
二人でヒーリングを20分程度実施。
マイナスエネルギー(氣)をはっきり感じました。

本人は少し改善したのを実感して帰宅しました。
その後遠隔により波動力浄化法を実施。
翌日完全に頭痛が消えたとの連絡が入りました。

このような事例は日常茶飯事と言っていいほどたくさんあります。
原因の分からない頭痛の場合は、何らかのマイナスの氣が影響していることが良くあります。
陰の氣の影響であっても、比較的速やかに穏やかになる場合があります。

■激しい倦怠感と発熱 20歳女性
ロックコンサートに行って帰宅した時すでに激しい倦怠感でダウン。
37度3分の発熱があり嘔吐感と食欲不振で完全に風邪状態のため布団に入る。
すぐに浄化法によるトリートメントを行なうと30分ほどで改善。
その後食欲も改善し食事を摂る。
翌日には完治。

これは、典型的な人混みからマイナスエネルギーを受けた状態。
この女性の場合影響を受けやすいこともありますが、 特にひどく混み合うコンサート会場であったため、 人々の持っている強いエネルギーを受けたようです。

また、ミュージシャンに影響を与えているエネルギーもあるため、 会場全体の人々に同調するエネルギーの影響も考えられます。
そのままの状態ですと風邪が長引き体調を大きく崩していたと思われます。

エネルギーを受けることにより免疫力が低下し、 このような状態になることが度々あります。
風邪の引きはじめは特に注意をすることが大事です。
体がだるく熱っぽさがあり、風邪かなと感じたら見えないエネルギーに注意し、 早めの対処が有効となります。

■大腿骨壊死の改善 40歳会社役員
私の夫の実兄の友人で、 大腿骨壊死という足の骨(太腿の付け根)が腐る原因不明の病気により、 大腿骨の付け根から切断することを医師より宣告され、 日時も決定していた方がおりました。

本人も切断を決意していたのですが、 義兄の勧めにより氣によるヒーリングを15分程夫が直接行い、 遠隔により私が波動力浄化法のトリートメントを一回行いました。
その後急速に回復しMRIに写っていた真っ黒な骨も奇跡的に治癒致しました。

しばらくして、大好きなゴルフにも復帰して喜んでおられました。
当時40歳前後で、10年以上経た今でも再発をせず健康状態は良好です。

病気の方を特に見たりしている訳ではないので、このような顕著な例はこの事例だけです。
この方の場合、健康補助食品の摂取を行なっていましたので、 西洋医学の治療と健康補助食品、 そして氣のヒーリング&浄化法の三つの相乗効果により治癒に向かったのではないかと思われます。

■40肩 44歳男性 会社役員
夫の知り合いで、この方の場合は40肩で左腕が肩の高さより痛みで上がらない状態でした。
ヒーリングを見よう見まねで始めたばかりで、家族にしか行っていませんでしたが、 お酒を飲んでいる最中に話の流れでヒーリングすることになり、 夫自身も効果があるのか半信半疑で、 スナックの中でやりづらい思いをしながらを15分ほど施すと腕を頭上まで上げられるまで回復。
肩も回るようになりました。

肩に痛みを起こす疲労物質が、 氣の流れを改善することである程度流出したと思われます。

■首の障害 46歳男性 会社役員
この方の場合、原因不明の痛みにより首が回せない状態が1ヶ月以上続いていました。
最初は寝違いかと思ったものの、一向に直らないため依頼を受けトリートメントを実施。

ヒーリングを20分程行い、遠隔による波動力浄化法を実施。
当日は少し改善がみられ、翌日には首を回せるまでに回復しました。
その後数日で完治しました。

■目の異常 夫の場合
以前、目に見えない世界と関係するようになって間もないころのことですが、 ある日の夜8時頃自宅でくつろいで居ると、夫が突然目が痒くなりごろごろとしてきたと訴えました。
次第に痒みと痛みが激しくなり、 手のたなごころや指でまぶたの上から掻いていないといられない状態になりました。

先に挙げた18歳の女性の目に出たと状態と同じような症状です。
鏡を見るとやはり白目が透明なゼリー状の膜で覆われています。
夫の場合片方の目に特に強く出ました。

わずか30分ほどで一気に症状が出ました。
一体何が起きたのか、原因は何かと夫と話していると、 二人の共通の知り合いの女性から電話が入りました。
原因はこの女性と分かりました。

当時25歳ほどの女性で、彼女が持っている様々なマイナスのエネルギーでした。
当時金銭的に困っているらしいことが電話で分かりました。
また、男性のことでも悩んでいるようでした。

話しているうちに目の状態が落ち着き、電話を終えた後まだ慣れない状態ながらも、 浄化法を行ないました。
ひどい痒みが収まり翌日にはほとんどゼリー状も無くなって、 2日ほどで完治しました。

これは、彼女が持っていた色情想念(金銭、男女関係)が、 こちらに電話をしようと思った時点でその陰の氣が夫に影響を与えた事例です。

色情エネルギーの場合は特に目に影響が出ます。
先の18歳の女性の場合も、男女間の色情エネルギーと考えられます。

この頃から想念による氣の影響を具体的に認識するようになりました。
その後もこういったことが度々あり、現在も夫婦で体験中です(笑)。

電話をしてくる相手がこちらに対してストレスやプレッシャーを持っている場合や、 疲れているとき、また、頼ってくる場合に起きがちです。
目に表れる以外には、体が重くなる、頭が痛くなる、元々不調の部分が悪化するなどがあります。

電話からは非常に多くのエネルギーが流れてきますので、知識として認識しておくと対処が速やかに出来ます。




流気セラピーページトップ